2012/06/24

浪江町のガイガーカウンター その8 ~いよいよ全世帯配布開始

浪江町でいよいよ、ガイガーカウンターが全世帯配布開始されたようです。

gc_436.jpg

It is manufactured Fukushima Prefecture ● Japan.

●の部分が「is」に見えるのですが。「in」だろうが「is」だろうが、すごい英語ですが。※追記:「in」でしたが、変な英語ですね。

箱・ボディには「精密博士」とのみ書かれていますね。「精密博士(β)」というのは正式な名前じゃないんでしょうか。どうなってるんでしょうか。よくわかりません。

本当は付属している書類(マニュアル)等をすべて見たいところですが、まず知りたいのは以下の3点です。

・校正証書、検査証明書みたいなものが付属しているかどうか。また、その発行元(校正/検査元)はどこか、どのような校正/検査か

・測定モードがどうなっているか(cpm? ベータ粒子束密度? 線量(率)のみ?)

・背面の蓋はどうなっているか(蓋外せる? 裏蓋の材質は? GM管の種類/材質、本数は?)

中国製個人線量計が福島県製サーベイメーターに変容を遂げたというトリッキーな機器ですから、非常に興味があります。

[画像転載元]
https://twitter.com/kametadaisuke/status/215744489845833729/photo/1/large

[関連過去記事]
浪江町のガイガーカウンター その10 ~TERRA-N誕生の背景に隠された”真相”
浪江町のガイガーカウンター その9 ~浪江町の方へ贈る、ガイガーカウンター「精密博士」のあれこれ
浪江町のガイガーカウンター その8 ~いよいよ全世帯配布開始
浪江町のガイガーカウンター その7 ~遂に可決! 機種も判明…
浪江町のガイガーカウンター その6 ~二度目の落札業者が決定→仮契約で次は議決
浪江町のガイガーカウンター その5 ~仕切り直して条件も新たに再度入札公告
浪江町のガイガーカウンター その4 ~今回の真相、今後のこと/実は日本初/勝手に浪江町に最適な機種を考えてみたw
浪江町のガイガーカウンター その3 ~議会で否決。なぜ入札参加→落札できた?
浪江町のガイガーカウンター その2 ~落札業者と”機種名”を浪江町役場に聞きました
浪江町のガイガーカウンター入札広告(落札済)の不思議 ~いったい誰が何を!?
関連記事

コメント

非公開コメント

南相馬市

浪江町はこれですか・・・

南相馬市は↓コレみたいです。

http://numayu.blogspot.jp/2012/06/blog-post_23.html

Re: 南相馬市

コメントありがとうございます。

こちらの記事に追記しております。よければご覧下さい。

南相馬市の全世帯配布”線量計”は何だ? というわけで聞いてみました
http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-1098.html

ブログ拝見しました。
シンチではなく半導体なんですけど(^^;
南相馬市だけでなく、東北のいろいろな自治体で利用されるようになりましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

情報ありがとうございます。

コメント欄にお書きになられているように、知りたいことが山のようにあるのですが、なかなかそれをレポして下さる方がいませんね(^^;

どんな機種であれ、どんなメーカーのものであれ、初期不良は必ずありますので、そのこと自体は(不良率がわからないので)いいんですが、アフターケアサービスも含む”納品”ですから、もろもろ心配といいますか…。

数え落としが、多く窒息が大くjis,に準拠しない線量計ありえない。コウキョウニュウサツだと、単純に安いとこに決まるんだよね。


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+