エアカウンターEX

2012年06月12日
関連ワード:日本 , エアカウンター , サーベイメーター ,
aircounterex_001.jpg
製品仕様
メーカー エステー[公式]
検出器 CsI シンチレーター
※CsI、シンチレーターの意味は備考欄をご参照下さい
測定可能放射線 γ線
線量率範囲 0.01μSv/h~99.9μSv/h
積算線量範囲 -
アラーム機能 ブザー=検知音あり
計測時間 予測測定 約30秒後、5秒ごとに表示更新
エネルギー感度 -
バッテリー 単4電池×2本(連続使用:約125時間)
使用環境 -5℃~+40℃
寸法(mm) 約82×62×34mm
重量 約101g
【黒】
備考・その他
・「エアカウンター」に比べて約10倍の感度
・「エアカウンターS」よりさらに測定時間を短縮(2分→30秒)
・測定範囲を大幅に拡大(0.05~9.99μSv/h→0.01~99.9μSv/h)
・ブザー機能を使用して、移動しながらホットスポット探索が可能
・測定精度と低線量時の安定性を向上
・消費電力を抑え、連続使用約125時間を実現
・2012年6月20日発売。当社(エステー)インターネット通販は8月初旬予定
・販売価格は19,800円(税込)
・月産数量は約1万個
・「エアカウンター」を手がけたホシデン株式会社(本社:大阪府八尾市)との共同開発

シリコン半導体式の「エアカウンター」「エアカウンターS」に引き続き、シリーズ第3弾「エアカウンターEX」が8月に発売されると発表がありました。

CsI(ヨウ化セシウム)という無機化合物で作られた透明の結晶体(シンチレーター)。これに放射線があたると蛍光します(肉眼では見えません)。このかすかな光を光電子増倍管や半導体で読み取り、信号化し、測定値とするのがシンチレーション式の基本原理。γ線を高感度で捉えられるというのがシンチレーション式の特長です。

※「エアカウンターEX」はフォトダイオード(半導体)で蛍光を読み取っています

「エアカウンター」は30cpm/μSv/hくらいだと言われています。ということは、この「エアカウンターEX」は約300cpm/μSv/h。cpmとは”counts per minute”の略で、1分間に何回、放射線をカウントしたかを表します。300cpm/μSv/hは「300cpmだと1μSv/h」ということを意味します。同じ1μSv/hでも、「エアカウンター」より10倍たくさんカウントできます。それだけ高分解能(高解像度)≒高精度ということです。

「エアカウンターEX」のスペック表に書かれている「1cm線量当量」「誤差」については、以下の過去記事をご参照下さい。

「エアカウンターS」を、いや、放射線測定器を使う上で知っておきたいこと~1cm線量当量と誤差
当初、エステー公式サイトでしか販売されていなかったのが、2013年秋にはさまざまなチャンネルで販売されるようになりました。そこで「エアカウンターEX」が購入できる全店舗(エステー直販)を並べてみます。もちろん、どこで買っても同じです(価格も)。

■楽天市場
≪高感度シンチレーション式・国産放射線測定器≫エアカウンターEX
■Amazon
エアカウンターEX CsIシンチレーション式 放射線測定器
■Yahoo!ショッピング
高感度シンチレーション式放射線測定器≪19,800円≫ エアカウンターEX
■エステー公式サイト
【公式サイト限定】最新エアカウンター【エアカウンターEX】
エアカウンターEXの愛称を考えてみました。予想(好み)も交えてw

<1>エア黒 ○
<2>空黒 △
<3>黒卵 ◎
<4>エアEX ×
<5>エアシンチ ▲

エアカウンターシリーズはユーザー数が多い割に入れ込み度が低いせいか愛称が定着しづらいですね。今回はどうかな…。

放射線測定器にニックネーム(愛称)をつけることは何気に意義がある
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

599. 2012.06.16
はじめまして。miomamaと申します。
いつもこちらのブログを楽しみにしています。

愛称候補の『黒卵』!
思わず笑ってしまいました。
これから誰かと話すときには『黒卵』を使わせていただきます(^_^;)
いっそ流行らせたいです。
601. 2012.06.16
コメントありがとうございます。

白卵、棒、黒卵、でしょうかねw

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)