フロイト的ガイガーカウンター

2012年06月12日
関連ワード:コラム
「JM-10」「JM-12」というサーベイメーター(両者ともガイガーカウンター)を見つけました。メーカーは台湾の君茂科技儀器有限公司(Jin-Mao Science Technology Instrument Enterprise)。

gc_421.jpg gc_422.jpg

[関連サイト]
http://www.pora-service.com/
http://www.jin-bomb.com.tw/
http://www.taiwantrade.com.tw/jinmao/products-list/en_US/153176/10/1/Radiation_Survey_Meter
※2番目のサイトは音が鳴りますのでご注意を

「JM-10」(左)は外観が中国製によくあるパターンです。サイズが微妙に大きいですが。ただ問題はオレンジ色の突起部。おそらくはここに検出器(GM管)が収まっているのでしょうが、GM管の長さは50mmです。わざわざ外に出す必要があるのかどうか。十分、本体に埋め込むことができるサイズです。

「JM-12」(右)もすごいです。GM管の長さは20mm。本体に収めようと思えば収められなくはない。というか逆に、GM管が収まるよう本体を設計するはず。あるいはケーブルでつなぐプローブにしてしまうか。いや、この本体フォルムで想像するのは、普通ならパンケーキでしょうねぇ。

なぜこんな風になっているのかよくわかりませんが、フロイトが生きていれば狂乱しそうなw

ちなみに公司紹介に女性の写真がありますが(これはドイツのOKMという金属探知機メーカーの販売代理になったというようなニュースですね)、おそらくこの方は代表ではないと思います。「張景棠」は男性の名前のようなので。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)