Get Smart

2012年06月11日
関連ワード:日本 , スペクトル , サーベイメーター ,
getsmart_003.jpg
製品仕様
メーカー リガク(Rigaku)[公式]
検出器 (1)本体内蔵:GM管
(2)内臓オプション:化合物半導体(CdTe)
(3)外部オプション:NaI(Tl) φ1"×1"
(4)外部オプション:He3 比例計数管
(5)外部オプション:NaI(Tl) φ2"×2"
測定可能放射線 (1):α線、β線、γ線、X線
(2)(3)(5):γ線
(4):中性子線
線量率範囲 (1):0.05~1000μSv/h
(2):0.1~10000μSv/h
(3):0.01~100μSv/h
(5):0.003~25μSv/h
積算線量範囲 -
計数率 cps、cpm、Bq/Lあり
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 (1):5keV~3MeV
(2):50keV~1.5MeV
(3)(5):50keV~3MeV
バッテリー リチウムイオンバッテリー 4.2V/10Ah(連続使用時間:8時間)
使用環境 -20℃~+50℃
寸法(mm) 190×82×50mm
重量 本体:400g
【白】【青】【紺】
備考・その他 ・計数回路:線量計測2系統、エネルギー計測1系統(つまり、同時に最大3種の計測可)
・核種同定機能付き(データベース最大50種)
・高精度温度補償機能
・スマートフォン(Android / Bluetooth)に接続可能。データにGPS・写真をふかしてクラウドへアップロード可能
・Google Mapと連携したマッピング機能により、細密な放射線マップを自動生成
・測定データ改ざん防止機能

上記公式サイトには動画もあります(Ce137ってなっちゃってますがw)。測定時間も自由に設定でき、その間の平均値(おそらく)も自動算出。スマホとの連動もすごいです。これはいくらなんだ!?w

なお、当初発表されてたオプションが、現在では異なっているようです。打ち消し線が発表当時で(5)が新たに加わりました。つまり、内蔵CdTe、外部Heが廃され、2インチNaIが新たに登場、と。想像ですが、個別に相談すればCdteもHeもつけてくれるかもしれませんがw、まあほとんど需要は…(^^;

getsmart_002.jpg
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)