珍しい「PDM-112」「PDM-117」(日立アロカメディカル)をシリーズで見てみた

2012年06月05日
関連ワード:最新入荷情報 , 日立アロカメディカル ,
どこから掘り出してくるのか、日立アロカメディカルの個人線量計「PDM-112」「PDM-117」が出品されていました。

電子ポケット線量計 PDM-112 ケンツキ :8-5005-01

電子ポケット線量計 PDM-112 ケンツキ :8-5005-01
価格:34,650円(税込、送料別)

電子ポケット線量計 PDM-117 ケンツキ :8-5005-02

電子ポケット線量計 PDM-117 ケンツキ :8-5005-02
価格:45,675円(税込、送料別)


よくわからないのですが、ふたつの可能性があると思ってます。

・旧モデル
・一般に流通しない特別な企業・機関向けの製品(海外向けという可能性も)

いずれにせよ、「PDM-117」は医療用(X線)ですし、購入するなら「PDM-122」(PDM-112ではなく)がいいんじゃないでしょうか。

と、ここで少し整理しておきましょうか。日立アロカメディカルの個人線量計をシリーズごとにまとめてみました。

■γ線用個人線量計

PDM-112:旧モデル?
PDM-122:一番普及している有名モデル
PDM-222:アラーム付(いらねw)

■X線用個人線量計
PDM-117
PDM-127
PDM-227

※医療用ですから、私たち一般ユーザーには関係ありません

■中性子線専用個人線量計

PDM-313

■その他

ADM-112:γ線用。あまり見かけません。もしかしたら自治体で配布実績あるかも
ADM-353B:γ線&中性子線用

※ADMシリーズはリーダー「PAS-101」で読み取り可能

「PDM-122」一覧(楽天市場)
「PDM-122」一覧(Amazon)

結局、私たちにとっては「PDM-122」だけ見ていればOKってことなんですが(^^;

そういえば、「PDM-122」も国民生活センターのテストで登場していましたね。改めて見てみたのですが、不気味なほど素晴らしい結果を出していますw むしろ「PDM-122」で基準値を決めているんじゃないかと思うほどピッタリです(もちろん、そんなことしてませんよ)。さすがアロカとも言いたくなるのですが、ただ、そんなことより重要なのは、「PDM-122」が個人線量計であるということですね。毎度のことですが。

というわけで、現行モデルかどうかよくわからない日立アロカメディカルの個人線量計をふたつ紹介してみました。

[関連過去記事]
陸自・イラク派遣隊の放射線測定装置がわかりました

[参照サイト]
日立アロカメディカル:個人被ばく線量計
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)