2012/05/29

シャープが半導体検出器を搭載した放射線測定機能付き携帯電話「PANTONE 5 SoftBank 107SH」を7月リリース

関連ワード:ニュース
※追記:半導体の説明は記事の最後にあります。

シャープがソフトバンクモバイル向けの新携帯電話5機種を発表しました。その中の「PANTONE 5 SoftBank 107SH」は放射線測定機能付だそうです。

gc_411.jpg

[ソース]シャープ:
ソフトバンクモバイル株式会社向け 2012年夏商戦 5機種を製品化(ニュースリリース)
PANTONE 5 SoftBank 107SH特設サイト

検出器はシリコン半導体。測定範囲は0.05μSv/h~9.99μSv/h(誤差 ±20%)。慶應義塾大学の地球環境スキャニングプロジェクト監修とのこと。地球環境スキャニングプロジェクトはSafecastと共同しているプロジェクトですか。なるほど。面白いですね。

docomoの放射線測定ジャケットがどうなったのかよくわからない中、孫正義氏が出し抜いたといった感じでしょうか。どちらかというとシャープ側からの提案だったのかな。どうなんだろ。

※追記:孫正義氏の強いプッシュだったようですね。

携帯電話と半導体検出器というのが大丈夫なのかなとも思うのですが(製品化するくらいだから大丈夫なんでしょうけど…)、どんなものか気になります。発売は2012年7月中旬以降だそうです。



あ。数値表示のある放射線測定器という当サイトの基準に合致しちゃってるwww カタログにせねばw
シリコン半導体方式とは

放射線測定器で放射線を捉えるには、いくつかの方法があります。ガイガーミュラー計数管(GM管)というものを使う方法、シンチレーターというものを使う方法、そして半導体を使う方法などなど。このシャープの携帯電話は半導体を使って放射線を捉え、測定値を表示します。

なお、よく聞く”ガイガーカウンター”とはGM管を使った放射線測定器のことです。逆に言えば、この携帯電話はガイガーカウンターではありません。なぜなら検出器が半導体だからです。

半導体式の仕組みは非常に難しいです。ザックリと簡単に約80文字で説明するとこうです。

半導体に放射線が入射すると電流として検知できる。この電流から逆算的に放射線の量を計算し、測定値として表示するのが半導体を検出器として利用している放射線測定器。

[関連過去記事]
放射線測定器のイロハを調理の10ステップで説明するという荒技にチャレンジしてみた

放射線検出器に用いられる半導体にも、さまざまなタイプがあります。その中でも有名なのがゲルマニウム半導体、シリコン半導体。前者は食品の放射能測定に用いられることで有名です。後者は安価で入手しやすく、最近の日本製放射線測定器でよく使われています。

その中でも一番人気なのがエステーが販売している「エアカウンターS」という放射線測定器です。
関連記事

コメント

非公開コメント

良い感じ

動画を見る限り、ストレス無く測定できそうです。
孫社長一押しらしく、万人向けに開発した感じですね。

http://www.youtube.com/watch?v=Je8St7XwFPk&feature=player_embedded

おそらくサポートも万全でしょう。
 

Re: 良い感じ

これはたぶんサンプルか何かじゃないでしょうか。2分経たずにすぐ表示というのは…。

感度はいかほどか(期待はしませんがw)、振動、電磁波は大丈夫なのかといった機能的なこと、

携帯寿命と放射線測定器の寿命がイコールなのはどうなんだ、そもそも携帯に測定機能をつけちゃっていいのか(リスクヘッジ的に)といった設計思想的なこと、

まったく予備知識なく、また、測定にはある程度の知識が必要だとも知らない層がいきなり測っちゃって変なことにならなきゃいいけどといった利用状況に関すること、

もろもろ心配と言いますか、不安と言いますか(^^; 「こんなものはけしからん!」とはもちろん言いませんが、手放しで「これは期待大!」とも言えないというのが今のところの感想です。

あ、サンプルというか、2分までは暫定値みたいなことですかね。エアカウンターSみたいな


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+