JB4020が個人線量計 / Hp(10) と判明。ということは、精密博士、ES-GC01は…

2012年05月25日
関連ワード:コラム , 突撃レポ , 実用量 ,
gc_403.jpg

上海精博工貿有限公司から返事がきました。「JB4020はHp(10)で校正している」とのことです。つまり「JB4020」は個人線量計で確定です。長らく疑問だった最大の謎のうちのひとつが解けました。

と同時に、ひじょーーーに重要なことがここには含まれています。

日本のさまざまな企業が「JB4020」のOEM的商品を販売しています。その中でも特にユーザーが多いと思われるのは、「精密博士」(JBジャパン・ブランド)、「ES-GC01」(プラネックスコミュニケーションズ=恵比寿製作所)です。


これらのOEM的商品が個人線量計かどうかはわかりません。もしかしたら、日本で独自にH(10)で校正し直しているかもしれません。ただ、そんなことが可能なのかという問題もありますし、それ以上に、仮にH(10)だとしても、なぜわざわざ個人線量計をH(10)にするのか。常識的に考えておかしな話です。もしサーベイメーターをOEMとして売りたいなら、サーベイメーターを持ってくりゃいいんです。

つまり、「精密博士」「ES-GC01」は常識的に考えれば個人線量計で、もしサーベイメーターであれば常識外れの機種だということです(常識外れ≠ダメ)。

そういえば、「精密博士」ってどこかの町で…。ああ、ベータ粒子束密度も測定できる新しいモデルを開発してるから、これとは限らないのか。だけど、そもそもは個人線量計なんですよねぇ。ふーん。(わざとらしw)

というわけで、「JB4020」「精密博士」「ES-GC01」などをご利用の方は、いま一度、それが何なのか(個人線量計なのかサーベイメーターなのか)をご確認下さい。

浪江町のガイガーカウンター その7 ~遂に可決! 機種も判明…
ES-GC01とES-GC02に関するファイナルレポート
当サイトを始めた当初から言っていることがあります。

見るべきは性能ではなく信頼性

と。

信頼性を測る尺度はいろいろあると思いますが、一番わかりやすいのはメーカーの出している情報および情報をいかに出そうとしているかという姿勢です。

H(10)なのかHp(10)なのか(あるいはその類のこと)をしっかり書いているかどうか、スペック表を載せているかどうか、必須とまでは言いませんがマニュアルをダウンロードできるようになっているかどうか。

メーカーとして当たり前のことができていれば信頼に足るし、そういうメーカーの製品を買うべきです。ごく当たり前のこんなこともできていないようなメーカー、あるいはメーカーすらわからないような製品は買うべきではありません。

放射線測定器は一般市民にとっては馴染みのない製品でした。メーカーも主に放射線関連事業者を相手に商売をしていればよかった。だけど、現在は違います。一般市民も放射線測定器を手にするようになっています。

この状況を察知して、「もうちょっと一般ユーザーにもわかりやすく情報を提示しよう」と考え、ホームページもリニューアルしているメーカーがたくさんあります。そのことは当サイトでもたびたび紹介してきました。ATOMTEX、International Medcom、LUDLUMなどなど。ホームページがリニューアルされるというのは、単に「サイトがきれいになったね」というだけの話じゃないんですね。いかにユーザーを向いているかという、とても重要なことを示唆しています。

ATOMTEX公式サイトのリニューアルをいろいろな角度から見てみた

繰り返しになりますが、これから放射線測定器を購入しようとしている方、ぜひ、そのメーカーが信頼できるかどうか、どれほどの情報を提供してくれているかをまず見て下さい。

はじめての放射線測定器
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

566. 2012.05.26
MKS-05withBluetooth、PM1621M、PDM-122を使っています。(他にも有りますが割愛)
 
連続10日間(240H)フィールドで試験しましたが、
積算線量の結果は、
PM1621M≒MKS-05≒PDM-122でした。
しいて言えば、MKS-05に比べ、PM1621Mは若干高めでPDM-122が若干低め。
 
空間線量率の表示はPM1621M≒MKS-05
表示は大半がPM1621M=MKS-05と言っても良いくらいで、
表示の違いが有った時でも、最大で±0.02μSV/h程度でした。
 
点線源で校正したH(10)にしてもHP(10)にしても、
実際のフィールドは面線源ですので、H(10)≒HP(10)と見て良いのではないでしょうか?

他も色々使っていますが、実際に使ってみると、CS137で校正されている物であれば、H(10)かHP(10)かは、あまり気にする必要は無いように思います。
 
実際のフィールドで使うに当たっては、H(10)やHP(10)を語るよりも、
検出器の“反応速度”や“指向性”に注意する事の方が、最も大切だと思います。
 
追伸、
ES-GC01も入手して試しましたが、MKS-05やPM1621Mと比べて測定値に遜色は無く、 
(電池の持ちや、線量が変化した時のリセット方式など、使い勝手の細かい所を言えば違いは有りますが)
ES-GC01はコストパフォーマンスで言えば優れた商品だと思います。
フィールドで個人的に使うのでしたら、校正方法は、H(10) HP(10) どっちでも良いかな・・と思います。
 
567. 2012.05.26
このコメントは管理人のみ閲覧できます
568. 2012.05.26
とても貴重な情報ありがとうございます。

ちゃんとわかっている方であれば、ぜんぜんそれでいいと思います。ただ、これから初めて放射線測定器を購入しようとしている方へ向けたサイトでは、そのようには申し上げにくいです(^^;

なぜ、H(10)かHp(10)かにこだわっているかというと、もちろん、サーベイメーターと個人線量計というのもがあるんだよ、ということをお知らせしたいというのが第一ですが、それだけのことではありません。

Svとはなにか、実用量とは何か、後方散乱とはなにか、さまざまなことにつながることです。「ファントムって見かけたんだけど何だろう」「個人線量計って何だろう」「マニュアルにHp(10)って書いてあるけど、どういう意味だろう」いろいろな疑問を抱えている方がいらっしゃって、そうした方たちが当サイトへいらっしゃいます。そして、こうした話は、どこを見てもとにかく難しい。専門的なさまざまなことをわかりやすく説明してみたいという思いで当サイトをやっております。H(10)かHp(10)かはその入り口です。こだわりたいと思います(^^

私はすべての機種に触れているわけではありません。たとえば、“反応速度”や“指向性”に関しては、スペック表やマニュアル、各所の検証等を参考にわかる範囲で書くこともありますが、個別具体的なそうしたことを知りたければ、そうしたサイトをご参照下さいと言うしかありません。当サイトは、そういうコンセプトではありませんとしか…。mikageさんのサイトなんかは、そういう意味では、当サイトではとても及ばないほど有益な情報が詰まっていますしね。

当サイトのコンセプトは、手にしているその機種が「何か」というところから放射線測定器を見つめてみようというものです。製品規格を見てみても、まずはサーベイメーターか個人線量計かで分けられています。H(10)かHp(10)かは非常に重要なことだと思っています。

これもたびたび申し上げていますが、その上で、「包丁とカッターは違うんだ」とわかって上で、「このカッターならそこそこ魚もさばけるな」というのであればいいんじゃないでしょうか。だけど、包丁とカッターの違いを知らない人が大勢いる状況で、「このカッターは魚がよく切れる」とは言えません。仮にそうだとしても。

銭形平次様がお持ちの機種以外でも、本当にそうなるかどうかわかりませんよね。持っている機種で見られた傾向を一般論として敷衍してしまうのは、ちょっと私には憚られます。

> あまり気にする必要は無いように思います

それぞれの考え方ですから、気にしないということであれば、もちろんそれは否定しません。ですが、このようなサイトで、一応は責任を持って、万人が目にする場で書いている身からすると、とてもとてもそんなことは言えませんw 非常に気にします。気にしないといけないと思います。立場により、考え方により違うと思いますので、これが私のスタンスだとご理解下さい。

もちろん、私も個人線量計もサーベイメーターも複数保有しております。両者の表示する線量率にいかほどの差があるかも見ています。そして、おっしゃるように、それほど差がない場合も多く目にしています。ですが、「だったら気にしないでいい」とは考えませんし、少なくとも当サイトのようなブログ上でそうは言えません(^^;


PM1621Mはサーベイメーター的性格もありますから、積算を見たいけどサーベイ、もしくは線量率のチェックしたいという方にはいい機種ですよね。TERRAと似たような数値を表示するというのは、とても興味深い事実です。とても参考になります。

ES-GC01に関しては…(^^; 個体差があまりに激しいのでなんとも…。当サイトにも非常に数多くのさまざまな情報が寄せられておりまして、なんとも(^^; ですから、当サイトでもその”パフォーマンス”については触れておりません。


貴重なご指摘、情報、ありがとうございました。

※追記について:そう、使用者の環境ってのが左右することもありますしね(^^;
569. 2012.05.26
追記:ちなみに、「JB4020」が個人線量計であると、確かな情報源を持って断言し紹介しているのは、ネット広しといえど、現在のところ当サイトのみだと思います。手前味噌ですが、非常に重要な、貴重な情報を提供できていると自負しております(^^ その上で、これをどう判断するかは、ユーザー各自の考え方だと思います。どんなことでも、まずは正確な情報がないとw
572. 2012.05.28
このコメントは管理人のみ閲覧できます
573. 2012.05.28
コメントありがとうございました。

動画で工場内の作業風景を見たことがあります。組立が日本って感じでしょうかね。よくわかりませんが(^^;

いずれにせよ、配布後もメンテナンスだったりカスタマーケアだったり、いろいろなことが必要でして、大変な業務であることは確かです。。。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)