ちょwww ガイガーFUKUSHIMAが個人線量計??w

2012年05月08日
関連ワード:コラム , 規格 ,
いやいやいやw

さすがにこれは何かの間違いだと思いたい。

浪江町の「18%」に引っかかり、いろいろ調べていましたら、「ガイガーFUKUSHIMA」の仕様(営業支援隊サイト内)にこんな記述があるのを見つけました。

gc_369.jpg

測定誤差範囲 ±20% 日本工業規格(JIS Z4312)範囲内

JIS Z4312は「X線,γ線,β線及び中性子用電子式個人線量(率)計」ですよw

この仕様書はJISに基づき性能をテストしている、校正しているとは言っていません。「20%」がJIS範囲内と言っているだけです。ですが、JIS Z 4312における20%とJIS Z 4333における20%では意味合いが違うと思うんですけどねぇ。ファントムの有無等、試験・校正条件にもろもろの差があるわけですから…。

誤表記にせよ、ちょーっと…(^^; あるいはまさか、マジでJIS Z4312に準拠すべきだと思っているのでしょうか…。さすがにそれはないか。だったら背面スリットはなんなんだとw

かなりおったまげたので、一応、ご報告まで。

なお、OGP系(本家含む)で具体的なJIS番号まで明記しているサイト・メーカーは他には見あたりませんでした。

「何のことだ?」という方は、ぜひぜひぜひ以下の記事もご参照下さい。放射線測定器を選び使用する際に一番重要なことで、一番最初に知っておくべきことです。

[関連過去記事]
放射線測定器と個人線量計 ~何が違うの?
JISで見る個人線量計とサーベイメーター(放射線測定器/狭義)

[関連JIS]
JISZ4312:X線,γ線,β線及び中性子用電子式個人線量(率)計
JISZ4333:X線及びγ線用線量当量率サーベイメータ

補足。

「日本工業規格(JIS Z4333)範囲内」ならわかります。「日本工業規格(JIS Z4312)範囲内」というのは、普通に考えればかなりおかしいです。なぜなら、JIS Z4312は個人線量計に関する規格だからです。ガイガーFUKUSHIMAは普通に考えればサーベイメーターでしょうから、準拠するならJIS Z4333であるべきです。

つまり、サーベイメーターと個人線量計の違いをわかってないのでは…という疑念を持ってしまうということです。当サイトで9万6959回言っていることですが、サーベイメーターと個人線量計は異なるものです。

さらに、”線量計”という言葉を使うべきではないとも思っています。その弊害がこのような誤記(?)もしくは後述のようなトンチンカンです。

2012.05.14追記:サイト上のPDFは修正されました。
個人線量計ついでに「Radico」について。

アジアブリッジジャパン株式会社なる会社が「Radico」を販売しているのですが、そのサイトに面白い記述を見つけました。

信頼性 韓国の国家標準一次校正機関である韓国標準科学研究院で性能試験を実施しています。 性能検査方法は国際規格の:IEC 61526 “Radiation protection instrumentation - Measurement of personal dose equivalents Hp(10) and Hp(0.07) for X、gamma,neutron and beta radiations - Direct reading personal dose equivalent meters and monitors”に準拠しています。

わお! 私がずっと知りたかったことです。

というわけで、「Radico」は個人線量計で”ほぼ”間違いないでしょう。

”ほぼ”というのは、同社サイトの各説明がデタラメすぎて、信ぴょう性が…(^^;

gc_370.jpg

電子式線量計
測定の原理はシンチレーション式とGM式など機種によりさまざまです。個人が受けるγ線やX線などの放射線量を測定する機器で、医療従事者や放射性物質を取り扱う従事者などが、放射線作業時の作業前後で受けた放射線量あるいは一定期間の吸収線量(積算線量)を算出するための機器です。標準のものは、1マイクロシーベルトの精度で測定が可能です。身に着けて簡便に取り扱える反面、測定の精度はサーベイメータに比べ劣ります。
文部科学省が、全国大学等の協力を得て行っている空間放射線量測定(γ線)は、小型の電子線量計を用いています。結果は、24時間分の積算値と、24時間で割って1時間あたりの値とした参考値の両方を併記した形で、ホームページで公表しています。

まったく違いますwww 「Radico」のことを「個人用電子式線量計」なんて言っちゃうくらいですから、(電子式)個人線量計が何なのかご存じないんでしょうね…。”線量計”という言葉がもたらす誤解をよく表しているとも言えるかもしれません。

確かに放射線(測定器)は難しいです。私もまだまだわかってないことだらけです。だけど、先のJIS表記といいこれといい…。いずれもメーカーと非常に近い距離にある販売業者ですよねぇ。もう少しこう…(^^;
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)