三和製作所とギョロマンに関するニュースがややこしい

2012年05月02日
関連ワード:ニュース
話がややこしいからニュースもややこしい。このニュースを読んで、事実関係を正確に把握できる人なんて100%いませんってw

線量計、スマホに無線接続 三和製作所が福島の10社と開発

2012/5/2 0:30

精密板金加工の三和製作所(横浜市、斎藤雄一郎社長)は回路基板実装の北部通信工業(福島市、高山允伯社長)など福島県の中小企業計10社と、基本ソフト「アンドロイド」を搭載するスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)に無線接続して使う線量計を開発した。高精度の外国製ガイガーミュラー管を使ったが、価格を抑えて主に福島県民向けに販売する。

福島の企業で開発している線量計「ガイガー フクシマ」シリーズに追加した。今回、開発したのは測定数値を近距離無線通信規格「ブルートゥース」でアンドロイドスマホに表示する仕組み。位置と時間と線量をスマホに記録できる。

測定幅は、空間放射線量が毎時0.04~20マイクロシーベルト。価格は法人向けが3万8千円で個人向けは2万4千円。ソフトウエア開発のギョロマン(東京・葛飾、福元大策社長)が販売を担当し、2年で千台の出荷を目指す。

三和製作所などはガイガーミュラー管を使い、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」に接続するタイプやスマホを用いない線量計を昨年開発。「ガイガー フクシマ」として約6千台を出荷している。

[ソース]日本経済新聞

毎度おなじみの日本経済新聞ですからね。こういう曖昧かつ読みづらい記事を書かせたら天下一品ですw

2011.05.12追記:この件につき、情報をお寄せ頂きました。確認しましたところ、ギョロマンの説明も変わっていました。よって、以下の記事も修正させて頂きます(取り消し線部分)。

・この報道の機種と「ギョロガイガー」は同一
・「ギョロガイガー」で計測したログを地図上で確認するサイトがある(有償のソフトは必要ない)

とのことです。

無駄な情報を取り除き、必要な情報を新たに埋め込み、ちゃんとわかる内容に翻訳してみます。

三和製作所はスマートフォンに無線接続して使うガイガーカウンターを開発した。ソビエト製の「STS-5」というガイガーミュラー管を使い価格を抑え、主に福島県民向けに販売する。価格は法人向けが3万8千円で個人向けは2万4千円。ソフトウエア開発のギョロマン(東京・葛飾、福元大策社長)が販売を担当し、2年で千台の出荷を目指す。

ギョロマンでは「ギョロガイガー」というスマホ接続タイプのガイガーカウンターをすでに販売しているが、「ギョロガイガー」とこの報道で紹介されている機種が同一かどうかは不明。

ちなみに、「ギョロガイガー」はスペック的には「ガイガーFUKUSHIMA」と同等品で、専用アプリが付属している。このアプリをandroid端末にインストールすることで、スマートフォン上に線量率や位置情報などを表示させることが可能だ。

なお、取得した線量率や位置情報を地図上にマッピングするためには、ギョロマン製品「GyoroMobileAD」が別途必要となる(初期登録料:10,000円、初年度月額料:3,800円)。

これでもまだ微妙にわかりづらいですけど(^^;

さて、放射線測定器に関心のある方向けに、このニュースのポイントをおさらいしておきましょう。

・「ギョロガイガー」とこの報道で言われている機種が同一かどうかは、この記事からは読み取れません。不明です。
・もし同じなら、「ガイガーFUKUSHIMA」と違い、Bluetoothでスマホと接続が可能です。
・もし同じなら、「ガイガーFUKUSHIMA」と違い、専用アプリで表示させます。
・もし同じなら、有料でマッピング機能をつけられます。ちなみに「Geiger Bot(ガイガーボット)」なら無料です。

なぜこのニュースをややこしく感じるかというと、放射線測定器に関心のある私たちからすると、話の主語が違うからです。この話は放射線測定器が主語ではなく、実はギョロマンが開発・販売している「GyoroMobileAD(ギョロモバイルAD)」が主語なんですね。

で、同製品に放射線測定器(三和製作所製)をつなげば、空間線量も地図上にマッピングできますよ、と。こういう話なわけです。逆に言えば、「GyoroMobileAD(ギョロモバイルAD)」に関心がなければ、わざわざ「ギョロガイガー」を選ぶ必要もありません。マッピングも無料で行える他のスマホ接続タイプを購入した方がいいでしょう(どうしてもBTの「ガイガーFUKUSHIMA」がいい、という方であればいいのかもですが)。

ただし、以上はこのニュースで言われている機種と「ギョロガイガー」が同一だったらという仮定の上での話です。「ギョロガイガー」とはまた別の機種を三和製作所が作り、あるいはギョロマンが販売することになる、ということであれば話は別です。もしかしたらマッピング機能も搭載したアプリがついてくるのかもしれませんしね。

やーやーこーしーいー!

[参照サイト]株式会社ギョロマン
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

535. 2012.05.12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
536. 2012.05.13
コメント及び情報ありがとうございます。

サイトの説明が変わりましたね。頂いた情報と修正されたサイトの情報に基づき、本文を訂正させて頂きます。

日経の記事もよくわからない書き方ですが(^^;
538. 2012.05.13
管理人様

お世話になります。ギョロマンの福元です。

早急に訂正いただいき、ありがとうございます。

ユーザ様からのご指摘・ご要望を元に随時機能改善をしていくのが弊社の開発スタイルです。
ゆっくりではありますが、今後も使い勝手の向上や機能改善に努めて参ります。
HPでのアナウンスの内容や方法についても日々改善を続けていきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)