向井亜紀ブログ正誤表~いろいろ誤解されていらっしゃるようです(^^;

2012年04月25日
関連ワード:ニュース , タレント ,
【エンタがビタミン♪】「線量計がブルブル震えた」。向井亜紀が“自分の目”で確かめた福島県双葉町の現状。

という記事を読み、どうもおかしいと思いまして、向井亜紀さんご本人のブログを見てみました。なるほど、よくわかりましたw

[ソース]向井亜紀ブログ
http://www.mukaiaki.com/akiblog/

タイトル:「ガイガーカウンター」

gc_348.jpg

× ガイガーカウンター

○ 放射線測定器

[解説]写真一番右の「DoseRAE 2」はガイガーカウンターではありません。シンチレーターと半導体を利用した個人線量計です。

ここでのポイントは、検出器がどうこうという話ではなく、「DoseRAE 2」が個人線量計だという点です。残りの2機種(TERRA with BT、RADEX RD1503)はサーベイメーターです。

[関連過去記事]
放射線測定器と個人線量計 ~何が違うの?

× ※単位は、(ミリ)シーベルト/時だと思います。

○ 単位はμSv/h(マイクロシーベルトパーアワー)

[解説]この状況と写真からの想像になってしまうのですが、TERRAと1503の線量率表示は「μSv/h」です。1503はそもそも「mSv/h」はありません。TERRAは積算だと「mSv」ですが。

※追記:この部分だけ修正された模様です。現在は「(マイクロ)」となっています。

× 真ん中の一般家庭用(・・・の中では、相当いいもの!)は、9.99まで上がると、それ以上の数値は出ませんでした。←もっと違う単位を設定すればよかったのかも。

○ 真ん中の1503は測定値の上限が9.99μSv/h。

[解説]設定ではどうにもなりませんw そして、そんな高線量下で使うことを想定していませんから一般家庭用でして、だから上限が9.99です。こんなところで測りたいという方はTERRAをお選び下さい。

[関連過去記事]
はじめての放射線測定器

気になっている方もいらっしゃると思い、少しでも誤解のないよう、このカウンターたちもアップしておくことにしました。

ありがとうございます。誤解ではなく、ご本人の誤りだとわかりましたw

また、

タイトル:「自分の目で」

という記事の中で、こんな記載がありました。

ちなみに、まったく同じガイガーカウンターで、高田家近辺の地表から約10㎝の場所で計ったところ、0.07msv/h、0.08msv/hだったので…。

これもおそらくは「μSv/h」の誤りじゃないでしょうか。ご自宅がどこかわかりませんが、こんな数値が出れば役所が即飛んでくるレベルです。ちなみに0.07msv/hは70μSv/hです。

とりあえず、正誤表のような感じでまとめておきました。



※つまり、本人の不理解→ニュースサイト()笑の不理解→拡散者の不理解と、まるで光電子増倍管のごとき様相を見せていまして、これは何もこの件に限った話ではなく、見飽きた光景とも言えるのですが、著名人が絡んでいますので、影響力も大きいんじゃないかと思い、検証させて頂きました。いち早く、ご本人様が誤りに気付くことを祈りつつ…
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

514. 2012.04.25
『73.1μSv/h』もしくは『7.31μSv/h』というように見えるんですが…?
515. 2012.04.25
画像を拡大してみると、7.31ですね。そのあとの単位は判別不能です。まあ、おそらくは「μ」だと思いますけどw
517. 2012.04.26
DoseRAE2 の表示値は『7.31μSv/h』(単位部分は手元の同一機種の表示と見比べた結果です。累積値としての『μSv』ではありません。)ですね。
また、これよりも恐ろしい数値が文末部分にあるんですよ(^_^;)

>あのとき、4号基が遠くに見える路上に停めた車中にて。
>シビック?5は80Sv/h。
>真ん中さんは9.99で早々にストップ。
>そして、レンタル君が45を示した、というわけです。

2行目(^_^;) なんと単位は『Sv/h』(@_@;) 限りなく“即死レベル”じゃなかろうかと思いますので、生還できたことは驚異ですね(^_^;)(オチョクリました…ごめんなさい(^_^;))

まぁ、一番の疑問点は(低線量の場合ですが)通常DoseRAE2 の表示値はSBM-20 というGM管を使っているRADEXやTERRA の40%~50%という低い値を示すというのが、私自身の経験なんですが…、ここでは逆なんですよね。

ちなみに宮城県の丸森町で4/4に採取された『落ち葉』はγ線系の測定器ではほとんど『ND』状態ですが、α線β線対応の測定器ではバリバリにカウント数が増えていきます。
519. 2012.04.26
ガイガーカウンターカタログの見出し項目の「はじめての放射線測定器・?」の写真をはじめて見たときに、なかなか的を得た表現と思いました。頭の中は?????でいっぱい。
向井亜紀のブログもちょうどそんな感じのようにも見えます。トホホな状態にも見えますが、はじめての感動?のようなものも感じられます。こんな人が、正しくトレーニングを積んでいくのか、妄想の光電子増倍管状態(すごい表現!)になるのかは、まわりの責任も大きいように思います。自分の活動やGCCさんのこのサイトが少しでも役にたってくれれば、と祈らずにはいられません・・・。
520. 2012.04.26
> 通常DoseRAE2 の表示値はSBM-20というGM管を使っているRADEXやTERRA の40%~50%という低い値を示すというのが、私自身の経験なんですが…、ここでは逆なんですよね。

ここまで高線量だと方向特性がモロに出て、背面からの入射が大きく影響を及ぼすのかも?なんて思ったりもしますが、よくわかりませんね。以前のアエラでの結果も、高線量だとDoseRAE2が高めに出ていました(信頼性のある検証かどうかはさて置き)。
http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-450.html
SOEKSよりかは低いですがw、1503よりもぜんぜん高いです。興味深いですねw
522. 2012.04.26
まったく何の知識もない連れに聞いたんです。参考に。
「何が知りたい?」と。
そうしたら「何が知りたいかもわからない」と答えました(^^;

初心者向けのサイトだと自負していたのですが、単位を知らない、何がわからないかもわからないという人もまだまだいる状況で、本当に当サイトは初心者向けになっているだろうかと、反省させられもします(^^;

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)