2012/04/12

南相馬市の全世帯配布”線量計”は何だ? というわけで聞いてみました

gc_335.jpg

2012.06.25追記:「DOSEe」で決まったそうです。「DOSEe」は個人線量計ではなくサーベイメーターです(どちらかと言うと)。
[ソース]
全世帯に線量計 南相馬市で無料配布始まる
[関連記事]
DOSEeは個人線量計じゃありません ~富岡町は大丈夫?w
追記以上

こんなニュースがありました。

東日本大震災:南相馬の線量計全世帯無料配布「早くても6月」 /福島
[ソース]毎日新聞 2012年04月11日 地方版

南相馬市は、全世帯に線量計を無料配布する計画について、配布時期が「早くても6月になる」との見通しを明らかにした。メーカの生産が追いつかず、入手しにくい状態という。16日の警戒区域解除には間に合わない。

線量計は、警戒区域の見直しをにらみ、市が3月議会に6億8949万円を提案し、可決された。3万円程度の機器を想定し、市内居住者と帰還した市民の計約2万3000世帯を対象に無料配布する。担当者は「6月を目標に、一括して配布できるよう準備を急ぐ」としている。

南相馬市にゆかりのある知人がいまして、気になったので聞いてみました。いったい、どんな”線量計”なんですか?と。

全世帯に線量計(※)を配布しようとしていますが、まだ、どこのメーカーだとか、どの機種だとかということは何も決まっていません。「この機種」というのが決まれば随意契約になりますし、「これと同等」といった感じだと入札になると思います。

ただ、2万~2万3000台ほどを一気に揃え配布できるのかどうか…。もちろん、同一機種にしたほうがいいとは思ってます。

また、できるだけ高性能なものをと考えていますが、どれにするかも難しいところです。今なら量販店でも1~2万円で売っていますが、それくらいのものを配っても「そんなのもう持ってるよ」と言われるかもしれません。下手なものを配っても怒られますし(苦笑い)

とりあえず、6月を目標にこれからもろもろを決めていきますので、もうしばらくお待ち下さい。

南相馬市役所・担当者様談

お忙しいところ、ご丁寧にありがとうございました。

毎日新聞の内容と微妙に雰囲気が異なりますが、話す人によってニュアンスも違うでしょうから、おおよそこんな感じだと思って頂ければと。

本当は「線量計」という部分についても聞きたかったのですが(個人線量計なのかサーベイメーターなのか)、やめておきましたw ですから、どちらのことかはわかりません。

非常にご苦心されている様子が電話でもよくわかりました。まあ、台数が台数ですから難しいですよね。また、「浪江町のガイガーカウンター」でも書きましたが、サーベイメーターとなると、本来的には一様に配布するような性格のものでもありません。だけど、一様に配布しなければいけないというこのジレンマ。

どんな機種に決まるのか、決めるまでの手続きはどうか、そして、実際にいつ配布されるようになるのか、さらには配布されたものがしっかりと住民の方々に役立っているのか。今後も注視していきたいと思います。

[関連過去記事]
南相馬市のPM1208Mは個人線量計じゃありません / ポリマスコスプレ
南相馬市で妊婦向けに腕時計型ガイガーカウンター無料貸し出し
このニュースを目にし、まず最初に思ったことがあります。南相馬市と言えばPolimaster(ポリマスター)。毎日新聞の”線量計”が何を意味するのかは定かではありませんが、頭に浮かぶのは、すわ新機種、個人線量計「PM1912」か!?ということでした。

と、ここまで書いて、とんでもないことに気付きました。一応、調べておこうとググってみたら、mikageさんのページに「H(10)」とあります。マジですかっ! 改めて公式サイト、マニュアルを読んでみました。

Gamma Detector PM1912 RadFlash II belongs to Polimaster’s new family of highly sensitive, small and efficient gamma detection devices. When ON, the device continuously measures ambient Dose Equivalent Rate (DER) and ambient Dose Equivalent (DE) of gamma radiation and compares those measurements to preset thresholds.

ははは(^^; 「ambient Dose Equivalent (Rate)」=周辺線量当量(率)。個人線量計ではありませんでした。

基本的に数値表示のない機種は当サイトでは取り上げていないので、当機に関しても記事にはしていません(コメントで一度、チラっと書いたのみ)。ですから、少なくとも当サイトをご覧頂けている方に誤った情報はお出ししておりませんでしたが…ホッ

「Gamma Detector PM1912 RadFlash II」は個人線量計ではなくサーベイメーターです。

と、ここまで書いて、さらに疑問が。あれ? 数値表示なくてもサーベイメーター? JISを見てみます。

5. 構造

5.1 構造一般 構造一般は,次による。

a) 検出器,指示計器及び電源が一体に構成されるか,又はケーブルで接続され,操作及び持運びに便利で,かつ,置いたときに安定性のよい堅ろうな構造とする。

5.2 指示計器 指示計器は,直線目盛若しくは対数目盛又はディジタル表示とする。

JISZ4333:X線及びγ線用線量当量率サーベイメータ

JIS上、サーベイメーターは指示計器が必須??

追記:指示計器がPCやモバイルでもいい? と考えると、以下の記事は的確なものとは言えなくなります。「(独自の)指示計器が必須だ」という前提で書いたものであることをご了承のうえ、続きをどうぞ(^^; ただ、PC接続できない数値表示のない機種ですと、依然として同じ疑問は残ります。

だとすると、「PM1912」はサーベイメーターでもない。なら、JISにあてはめてみるとするならば、これ何だ!?w 放射線に関するJISタイトルにひと通り目を通してみたのですが、数値表示のない周辺線量当量(率)を測定する機器を規定する規格が見あたりませんでした。

そういえば、カメリアメーター「JX-007」も数値表示がありませんでした。あ、「γ10」もないか。もし「γ10」を何らかの規格に通そうとするなら、どんな区分で通るんだろう…。

誤解して頂きたくないのですが、JISに適ってないとダメだと言っているわけではありません。そうではなくて、単に「何なんだろう」「何て呼べばいいんだろう」「規格があるとしたら、どの区分に属するんだろう」ということです。

さて、話を戻しまして「PM1912」です。検出器はGM管。「PM1603A」「PM1610」などのように、コンパクトなボディにGM管を搭載させるというのはポリマスもよくやっていることなので、まあ、それなりなものに仕上がっているのでしょう。

ただ、ポリマス公式サイトは、文字の色を変え、こんなことを強調しています。

The main distinctive feature of the Gamma Detector is that all the devices are integrated into the global geo information system of radiation monitoring Flash Radiation Monitor.

そうか! わかりました。「PM1912」の適切な呼び方が。

人体装着式可搬型放射線モニタリングポスト

「汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン」みたいですねw

いずれにせよ、「Gamma Detector PM1912 RadFlash II」は個人線量計ではなかったんだという恥ずかしながらの報告でした(^^;
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+