放射線測定器の息づかい

2012年04月12日
関連ワード:コラム , history ,
gc_332.jpg

In time of use, this unit can be worn in two positions: operating position(※左) and standby position(※右).

なぜ、わざわざ持ち方まで図解で説明する必要があるのか。

gc_333.jpg

なぜ、メーター部分が盛り上がっているのか。

gc_334.jpg

なぜ、電池が3本なのか。なぜ、その3本が2本と1本に分かれて配置されているのか。

答えは最後に取っておきまして、その前にまず、何でもいいです、物を造るメーカーの気持ちになってみて下さい。

あなたは製品開発者です。さて、どのような形に仕上げましょうか。こんな形がかっこいいから、こうしよう。それだけで形を決めるでしょうか。

おそらくは、利用者の使い勝手であったり、機能だったり、物理的な事情だったりが、物の形をある程度、決めることになるでしょう。かっこいいけど使いづらいことこの上ない。そんな製品では売れません。つまり、物の形には意味があるということです。

放射線のなんたるかを知ることは重要です。ですが、それ以上に重要なのは、その放射線を測定する機器がなんたるかを知ることです。なぜなら、機器のことを知らずして放射線は測れないからです。その証拠に「PDM-122」を地表にかざしている人がどれだけいることか。

放射線測定器を購入し、使うにあたって、よくマニュアルを、公式サイトを読んで下さい。一言一句を噛みしめるように読んで下さい。そして、手元の放射線測定器をじっくりと見てみて下さい。放射線測定器に耳を傾けてみて下さい。かすかな放射線測定器の息づかいがきっと聞こえてくるはずです。

物から息づかいなんて聞こえるわけない?

聞こえないと思っている人は冒頭の疑問には答えられません。だけどそれは聞こえないと思っているから。ホントに聞こえるんですよw それを紹介しているのがこちらの動画です。全部で4本あります。非常に長いです。飛ばし飛ばしでも結構です。一度、ご覧下さい。実際に「DP-5V」という名器の息づかいを聞き取っている方がいらっしゃいます(^^



[関連サイト]
UTSUNOMIYA.COM
-ガイガーカウンター製作&計測ワークショップ シーズン3-
USSRミリタリー 最強ガイガーカウンター
DP-5V 装備会

ガイガーモードなのに「DP-5V」ではエネルギーが見られる、といったあたりがとても面白かったのですが、もちろん、定確度の話も大変ためになります。「DP-5V」に興味がないという方がご覧になっても参考になる内容です。ぜひ、お時間のあるときに(^^

最後に、冒頭の疑問に対する答えですが、この動画ですべて語られていることなので、そちらでどうぞw

[関連過去記事]
テクノロジー、人間、DP-5V
放射線測定器の”カタチ”
「CK-6」と「MAMORU」の違いから、いつものようにどうでもいい話を
「DX-1」「DX-2」が7000円台! ~どちらの手で持つべきかということ / 弦巻以来の衝撃映像
※まあ、動画と比べるには失礼なショボイ内容ですがw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

490. 2012.04.12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
491. 2012.04.12
コメント及び情報ありがとうございます。

少しばかりではありますが、過去に紹介させて頂きました。そのメーカー名でサイト内検索して頂ければ、ご覧頂けます(^^ とっちらかったサイトなので、情報を見つけづらいかもですね。すみません(^^;

これはOEMだと思います。スペックダウンとは言えこの価格ですから、いいですよね。大元のメーカーも出せばいいのにw
492. 2012.04.12
ご指摘いただいていますが、この時代の旧ソビエト製品をじっくり見ると、その当時の実現できる技術以上に設計者の祈りのようなものを感じてしまいます。実際にDP-5Vの設計上の運用寿命は15年!ということですが、このことひとつをとってみても、その年月に耐えうる物づくりには単に技術の集積だけでは実現できない要素が必要とも感じます。
なんとなく沈静化しているような錯覚のあるわが国の状況ですが、放射能を撒き散らしたときの対処は、単純に除染や片づけで済まない奥の深い問題であって、それに対応するぞ、という心構えが、その設計寿命にも現れているのではないかと思います。
この機種に触れてみて、製造から25年経過した今日、どのように壊れているのか、どうすれば復元できるのか考えることは、当時の設計者とちょっとだけ精神を共有した気分になれます。不謹慎ですが、彼らの声が聴こえることは楽しいです。
495. 2012.04.13
確かに、動画を拝見していましても、製造者・設計者の気迫みたいなものが感じられました。あるいは作り手の想像力と言いますか。

一方、現状の日本を見てみると、さて…。当時に比べ、テクノロジーは発達したかもしれませんが、何かを失っていやしないかとも思います。

コメントありがとうございました(^^

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)