miniDOSE PRM1100

2012年04月05日
関連ワード:日本 , RAESystems , 個人線量計 ,
minidose_004.jpg
製品仕様
メーカー 日本レイシステムズ[公式]
検出器 CsIシンチレーター(+フォトダイオード)
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 Hp(10):0.01μSv/h~2Sv/h
積算線量範囲 Hp(10):0.01μSv~10μSv
アラーム機能 -
計測時間 -
エネルギー感度 50KeV~3MeV
バッテリー 単4電池×1本(700時間)
使用環境 -20℃~+50℃ / 0%~95%(非結露)
寸法(mm) 68×55×31mm
重量 60g以下
【オレンジ】【赤】【紫】【青】【緑】
備考・その他 公式サイトの情報はまだまだ不十分です。以上も以下もすべてショップの説明に基づいています。ご了承ください。

積算量測定誤差:+0.1μSvと+15%の大きい方(Cs-137線源の場合)
Cs-137線源に対し±20%(0°~75°)

との記載がありますが、ちょっと意味が不明です。

「°」は「℃」の間違いかもしれません。同ショップは温度も「°」としているので。ただ、「°」もありえます。入射角に対するレスポンスです。だとしたら水平方向・垂直方向の記載があるはずなんですが…。

データ通信:マイクロUSBでデータダウンロード、ファームウェア更新、線量計校正の実施が可能
IP等級:IP54(シリコンジャケットの装着状態)
付属品:シリコンジャケット、CD-ROM、ストラップ、USBケーブル

付属品は写真から推測したものです。

カバンやバッグに簡単に取り付けられる様にストラップも付いています。

使用しない際はストラップを使っても構いませんが、使用時は体に装着しておくのが正しい使い方だと思われます。個人線量計だからです。

1日の被爆量、1週間の被爆量、1ヶ月の被爆量、1年の被爆量、2年の被爆量などをリアルタイムで確認出来る

すでにレビューが載っています。商品が届いているような内容です。もう販売されてるんですね(レビューによると)。

2012年4月現在、個人ではこちらのショップでしか購入できません。

日本レイシステムズ(株)が製造・販売元なので、とりあえず「日本製」としました。ただ、本社はアメリカです。実際に製造されているのは中国です。

コンパクトさ、ポップで親しみやすいデザイン、PCとの連携、豊富な積算表示が当機の特徴だと思います。公式サイトのもう少し詳細な説明を待ち、改めてスペック表を見直したいと思います。

minidose_005.jpg minidose_006.jpg minidose_007.jpg
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)