2012/03/29

日立アロカのサーベイメーター「PDR-111」関連動画~こんなに早かったとはっ!/他モデルとの違いは?

関連ワード:動画 , 日立アロカメディカル ,
日立アロカメディカルのシンチレーション式サーベイメーター「MYRATE」シリーズですが、ふたつの面白い動画を見つけました。





よく見ると「PDR-101」「PDR-201」です。おそらくは現行モデル「PDR-111」の旧バージョンだと思われます。少なくともアロカ公式サイトに「PDR-101」「PDR-201」の情報は一切ありません。

[ソース]日立アロカメディカル:ポケットサーベイメータ PDR-111

いやー、こんなんだったんですね。このシリーズって。「GAMMASPOTTER(ガンマスポッター) FGS01A/02A」並みの早さですw 気になるのは、各モデルに違いがあるのかどうかです。

いろいろ調べたところ、基本的には違いはないようです。特に「PDR-101」と「PDR-111」の差はわかりませんでした。ただ、「PDR-201」は見ただけでわかるちょっとした違いもあります。

「PDR-201」にはμSv/hとmSv/hの切り替えボタンがあります。「PDR-101」「PDR-111」にはそのようなボタン・機能はなく、同じ箇所にあるボタンは検出音のオン・オフボタンになっています。逆に言えば、「PDR-201」にはオン・オフがない!?

次に面白いのが右サイドにある緑色のボタン。「PDR-101」「PDR-111」はACCURACY ENHANCING MODEと表記があります。「PDR-201」はFREEZING MODEです。おそらく両者は同じでしょう。言い方が異なるだけだと思われます。さらに、この言い方の差が、もしかしたら「PDR-201」は欧米モデル?と思わせます。

では、この「ACCURACY ENHANCING MODE」(=「FREEZING MODE」?)はなんでしょう。そのまま直訳するとaccuracy=精度、enhance=高める、つまり”高精度モード”となります。

ネット上に少しばかり情報はあるものの、具体的にどういう仕組みなのかよくわかりませんでした。一種の平均化のような感じで、ある程度の時間をかけ安定した数値を表示させようとするモードだとは思います。

とにかく、「PDR-111」がほぼリアルタイムに測定値を更新するようなシステムだったというのは初めて知りました。もしかしたらホットスポット探しにもいいかもしれませんね。

「PDR-111」一覧(楽天市場)
「PDR-111」一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+