2012/03/23

Radiagem 2000 / Radiagem 4000

関連ワード:アメリカ , CANBERRA , サーベイメーター ,
radiagem_001.jpg
製品仕様
メーカー Canberra[公式]
検出器 エネルギー補償型GM管
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.01μSv/h~100mSv/h
※IEC approved measurement RANGE – 0.3μSv/h~100mSv/h.
積算線量範囲 -
アラーム機能 あり(10のプリセット値を選択)
計測時間 -
エネルギー感度 40keV~1.5MeV
バッテリー 単3電池×2本(アルカリ電池:80時間 / リチウム電池:150時間)
使用環境 操作:-10℃~+50℃ / 保管:-25℃~+60℃
寸法(mm) 150×85×45mm
重量 300g(電池含む)
【白】
備考・その他 感度:0.83 c/s per μSv/h(0.83cps/μSv/h=49.8cpm/μSv/h)
レスポンス時間:・As fast as 1/4 s bargraph display on a four decades semi-logarithmic scale.
・1 s to 10 s for average and stable digital display.
データロギング:up to 1000 points in probe memory.
表示単位:c/s, Bqeq, Bqeq/cm2, Sv/h and Sveq/h(プローブによる)

オプションとして15種類ほどのプローブ(CSP / Canberra Smart Probe)が用意されています。単体でも使えますが、CSPS(Canberra Smart Probe Software)を利用し、PCとデータをやり取りするには、おそらくプローブが必須です(プローブにデータ記憶機能が搭載されているので)。

[参照サイト]Canberra:CSP Probes

「Radiagem 4000」という機種もあります。こちらは単位がrem/hです。単位が違うだけで、スペック的には同じだと思います。

Canberraは個人に小売りはしていません。一般的な小売店への卸しもしていません。法人や行政機関には販売しているようです(以上は電話で確認済み)。校正やアフターケアの問題からそうしているとも言っていました。特別に契約を結んでいる(小売)業者には、もしかしたら販売しているかもしれません(これは憶測)。

いずれにせよ、一般市民が普通にはなかなか入手できない機種であることは間違いありません。

ちなみに、Canberraはフランス・AREVA(アレバ)社の子会社です。

「キャンベラジャパン株式会社(CJKK)は、フランス原子力庁の基に設立されたAREVA グループAREVA NC 社の放射線測定機器総合メーカ キャンベラ社(米国コネチカット州メリデン市)の100%出資子会社として、2002 年4 月1 日設立されました。」

[ソース]キャンベラジャパン株式会社:会社概要

radiagem_002.jpg
radiagem_003.jpg
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+