2012/03/21

TCS-171B / TCS-172B

関連ワード:日本 , 日立アロカメディカル , サーベイメーター ,
tcs172b_001.jpg
製品仕様
メーカー 日立アロカメディカル[公式]
検出器 φ25.4×25.4mm NaI(Tl)シンチレーター(エネルギー補償あり)
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 TCS-171B:BG~30μSv/h / BG~30μGy/h
TCS-172B:BG~30μSv/h
積算線量範囲 -
計数率範囲 TCS-172B:0~30ks-1
アラーム機能 -
計測時間 時定数:3、10、30秒
エネルギー感度 線量率:50keV~3MeV(3MeVカットなし)
計数率:50keV以上
※3MeV以上のエネルギーはすべて3MeVとしてエネルギー補償
バッテリー 一次電池:単2乾電池×4本(連続30時間以上)
または二次電池:リチウムイオン二次電池(要専用充電器)(連続10時間以上)
またはACアダプタ(AC100V 3VA)
※二次電池、充電器、ACアダプタはオプション
使用環境 -
寸法(mm) 110×220×160mm
重量 約1.5kg(検出器、一次電池含む)
【白】
備考・その他 ”アロカシンチ”と言えばこれ。自治体等の測定でもっともよく使われている機種かもしれません。

上記の通り、「TCS-171B」と「TCS-172B」の違いは測定単位。前者は吸収線量率(μGy/h)、後者は計数率(s^-1=cps)で測定が可能です。一般人が個人ユースで買うことはほとんどないでしょうけど、もし買うのであれば後者がよいかと。


「TCS-171B」「TCS-172B」が一般的なショップで売られているのはほとんど見かけません。同社のサーベイメーターでまだよく目にするのは、ガイガーカウンターの「TGS-146B」とCsI(Tl)シンチの「MYRATE(マイレート) PDR-111」ですかね。
詳細・購入 アロカ製品一覧(楽天市場) | アロカ製品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+