浪江町のガイガーカウンター その4 ~今回の真相、今後のこと/実は日本初/勝手に浪江町に最適な機種を考えてみたw

2012年03月19日
関連ワード:ニュース , 浪江町のガイガーカウンター , 突撃レポ ,
gc_295.jpg

■否決の経緯と今後

浪江町役場に電話で再度聞きました。おおよそ報道の通りです。

ガイガーカウンター約7700台の入札案件は落札され仮契約されました。議会で通れば本契約となるわけですが、否決されます。理由は、仕様書の不備、実績がないなどなど。役場(行政)側も議会で答弁したそうです。

また、浪江町役場は入札を実質的に取り仕切っている立場で、今回の入札は問題なしと思っている。だけど議会側(の一部の人)は”否”をつきつけた。ということもわかりました。

今後どうなるか。これも聞きました。予算の関係上、最初から仕切り直しです。4月以降の議会で予算が決まり、そこからもろもろ事務的なことを整え、入札公告し、落札され、議会を通して本契約と。もちろん、予算自体が通らず、全住民に配布するのはやめ!となる可能性もあります。

というのが今回のあらましと今後の見通しです。

■実は日本初の試み

さて、この浪江町のガイガーカウンターの件ですが、実はすごいことなんですよね。日本で初じゃないでしょうか。全住民にサーベイメーターを配布するというのは。

※「全住民」は正確な言い方ではありません。全世帯といったほうがまだ正確かな?

自治体が購入した数台の放射線測定器を希望者(住民)に貸し出したりすることはよくあります。あるいは、個人線量計を全住民に配布することもあったでしょう。だけど、今回はサーベイメーターです。この点が非常に奥深い。

個人線量計は装着していればいいだけです。あと、フィルムバッジなら一定の時期に所定の場所へ送るのみ。ところが、サーベイメーターはそう簡単にはいきません。どう使うかは使用者によってさまざまです。空間線量を測定できさえすればいいと考える人もいれば、地表等の汚染も検出したいという人もいる。希望する目的・用途が異なるだろうはずなのに、一様に同じサーベイメーターを配布することがどうなのかと。

そもそも、すでにサーベイメーターを持っている人もいるわけです。同じ機種が手元に届いてもねぇ。

つまり、7700人という大人数に同じサーベイメーターを配布することが果たして妥当なのかという根本的な問題に突き当たるわけです。

それでも、ない人もいるんだし、ないよりあったほうがいいという意見もあるでしょう。行政という立場からすると、一律に決めた方がいろいろと対応しやすいのも確か。逆に、希望機種をおのおのに購入させ、上限金額まで請求させるとかとなると、それこそてんやわんやです。

ある程度の混乱も予想される(「こんな数値出た!」「いや、それは測定の仕方が」みたいなよくあるパターン)。サーベイメーターという機器の性質上、一様に配布するようなものでもない。ということはわかった上で、それでもやはり、一様に配布するのが現実的…ですかね。目的・用途なんかより、とにかく持ってない人がいないという状況の方が優先されると。

しかし、だったらこの浪江町役場&議会の対応こそが、”いち早く全員に”というスローガンに反しているわけでして。

なんてことを考えていますと、これは浪江町の問題でもガイガーカウンターの話でもなく、いろんなところで同じようなことを目にしているなぁとも感じたり。

今後も事態の推移に注目していきます。

[関連過去記事]
浪江町のガイガーカウンター その10 ~TERRA-N誕生の背景に隠された”真相”
浪江町のガイガーカウンター その9 ~浪江町の方へ贈る、ガイガーカウンター「精密博士」のあれこれ
浪江町のガイガーカウンター その8 ~いよいよ全世帯配布開始
浪江町のガイガーカウンター その7 ~遂に可決! 機種も判明…
浪江町のガイガーカウンター その6 ~二度目の落札業者が決定→仮契約で次は議決
浪江町のガイガーカウンター その5 ~仕切り直して条件も新たに再度入札公告
浪江町のガイガーカウンター その4 ~今回の真相、今後のこと/実は日本初/勝手に浪江町に最適な機種を考えてみたw
浪江町のガイガーカウンター その3 ~議会で否決。なぜ入札参加→落札できた?
浪江町のガイガーカウンター その2 ~落札業者と”機種名”を浪江町役場に聞きました
浪江町のガイガーカウンター入札広告(落札済)の不思議 ~いったい誰が何を!?

■浪江町に最適な機種を考えてみる

浪江町の町民7700人にガイガーカウンターを配るとして、じゃあ何がいいんだろうと考えてみました。まあ、なんでもいいんですけどねw いや、ほんと。

ただ、

・SOEKS:時間が…
・Pripyat:ちょいと大きい。少し独特。モードも多い。
・OGP系:7700人が誰でも簡単にとなるとナシかなぁ。線量率表示のみにできれば十分にアリかと。本当はcpmこそ…とは思いますが。
・マイカ:ないないw


となると、おのずと決まってきます。

・手頃な価格
・操作しやすい
・丈夫(SBM-20など)
・できれば実績あり。ユーザーも多い

ベータ粒子束密度モードもいらないか。ということは、「RADEX RD1503」もしくは「TERRA-P」。既存機種ではこの二択じゃないでしょうか。


ちなみに「RADEX RD1503」に対してはこんな意見があるかもしれません。

・積算は?
いりません。別途、個人線量計を携帯して下さい。というか、しているはず。

・9.99μSv/hまででいいの?
そんな高線量のところで悠長に測ってないで下さい。

「RADEX RD1503」になってくれると、個人的に嬉しいことがひとつ。校正線源の問題が解決されそうwww

以上は、浪江町の7700人に配るとしたら、という話です。おじいちゃん、おばあちゃんでも、誰でも簡単に使えるということを前提にしています。一般論とはかけ離れている部分も多いということをご了承ください。

最後に、ガイガーももちろん結構ですが、「iPad」を…。なんてことは1年前からずーっと言われてることか。ああ、「ホットスポット」っていつの間にか放射線関連タームになっちゃいましたね。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

437. 2012.03.20
DC-100なんかいいと思うけど
初心者向きだし
438. 2012.03.20
あえて曖昧にしていた部分をお突きになりますねw

操作性、扱いやすさという意味ではDC-100もエアカウンターSもいいと思います。ただ、そうなると「そもそもなぜガイガーカウンターなんだ? シンチや半導体ではだめ?」というまた別の問題が出てきます。ですから今回はあえてスルーしましたw

とりあえずガイガーカウンターが前提ということでお読み頂ければと(^^;
439. 2012.03.20
DC-100なのですが、先日ビックカメラ店舗で日本精密測器の方に直接お話を伺う事が出来ました。
福島の事故が起きてからすぐに開発に着手したそうです。
そして他社のモデル(DoseRAE2 PRM-1200やRadiPA-1000など)を参考にしたそうで、誤差も公表値は±20%としていますが、実際は±3%以内で収まっていると仰られていました。
コストパフォーマンスからみても、メンテナンス面から見てもDC-100は欲しくなる機械ですね。

でもガイガーカウンター前提だとしたら、たしかにRADEX RD1503が価格的に見ても一番かなと言う気がします。

いつも楽しく読ませていただいています。
これからもよろしくお願いします。


441. 2012.03.20
メーカーの方に直接話を聞けたなんて、いいですねー。
開発からリリースまで約1年ですか。
たぶん、相当に苦労されたんでしょうね。
こういう開発秘話はぜひ聞いてみたいですね。
そしてヤマガタ共同にもがんばってもらわんとw

コメントありがとうございました。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)