2012/03/15

RDS-120

関連ワード:アメリカ , サーベイメーター ,
rds120_001.jpg
製品仕様
メーカー Mirion Technologies(RADOS)[公式]
検出器 エネルギー補償型GM管×2個
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.05μSv/h~10Sv/h
積算線量範囲 0.01μSv~10Sv
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 -
バッテリー 単3電池×3本
使用環境 -30℃~+55℃
寸法(mm) 92×199×44mm
重量 700g(電池含む)
【シルバー】
備考・その他 RADOSのガイガーカウンターです。「RDS-100」「RDS-110」の後継機だと思われます。公式サイト(MT社)に当機に関する情報は一切ありません。現在でも製造されているかどうかは不明です。

「RDS-100」「RDS-110」との大きな違いは、GM管の数、エネルギー補償の有無(たぶん)、PCとの連携(「RDS-120」はRS232Cで接続可能)、アナログ表示の有無。測定範囲も劇的に広がっています。これはGM管が2本だからでしょう(レンジを広げるために複数GM管を搭載というのが、この頃によくあるパターン)。

ガイガーカウンターとして一気にスペックがよくなっています。ただ、発売当時のニーズ、コストパフォーマンスなどから、あまり売れなかったのでは…。そしてすぐに製造されなくなったとか…。そんな感じがします。あくまでも想像です。

外部プローブを接続することもできます。

rds120_002.jpg GGMP-111 beta probe 0~9,999 cps
GMP-112 L gamma probe 0.05μSv/h~99.99mSv/h

これらのプローブはすべてMT社製品です。

市場で見かけることはほとんどありません。資料的価値は大いにある機種なので、自分用メモも兼ねまとめてみました。
詳細・購入 MT社製商品一覧(楽天市場) | MT社製商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+