2012/03/08

「Inspector PLUS」にニューモデルが登場しました。前バージョンとの変更点は…

関連ワード:最新入荷情報 , Inspector ,
何気なく見ていたので気付かなかったのですが、「Inspector PLUS」のシリアルナンバー30328以降はニューモデルのようです。

こちらがそのニューモデル。パッと見ただけじゃわかりませんw というか安いですねw モールディングプロセスの跡があるかららしいですが。それはさて置き、どこが違うかというと、背面にその秘密があります(商品ページに写真があります)。

ニューモデルではオプションのワイプテストプレートがブラケットなしで取り付けられます。「なんのこっちゃ?」ですよねw こちらを見て頂ければよくわかるかと。

gc_281.jpg

ちなみに従来のワイプテストプレートはこう。商品ページの他の写真をご覧頂ければわかる通り、サイドにつけるレール状のブラケットが2本附属しています。ニューモデルではこれが必要ありません。

ブラケットをつけっぱなしにしておくのなら関係のないバージョンアップですが、ワイプテストプレートを外すたびにブラケットも外していたような方にはいいかもしれませんね。あ、違うか。すでにもう持っているんだからw これから買う人にとっては、ほんの少し楽になるかも?といった感じでしょうか(^^;

さて、以前も書いたことですが、ワイプテストプレートはβ線を遮断するためのものではありません。もちろん、β線を遮断することもできます。メーカーもそれを否定はしていません。ですが、その名の通り、第一義的にはワイプテストのためのプレートです。

β線を遮断するために使うのもいいですが、本来の使い方がどうであるか、ワイプテストとは何なのかを知った上でどうぞ。

この件に限らずですが、たまたまあっているということと、ちゃんとわかってやるってことは、ぜんぜん違うと思うんですよねぇ。

[関連過去記事]
「Inspector PLUS」が7万円切り~ワイプテストプレートはβ線遮蔽用じゃありません

「Inspector」一覧(楽天市場)
「Inspector」一覧(Amazon)

そう言えば、International Medcomの「Inspector Alert」はどうなんでしょうね。まだかな?
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+