2012/03/05

浪江町のガイガーカウンター その2 ~落札業者と”機種名”を浪江町役場に聞きました

関連ワード:ニュース , 浪江町のガイガーカウンター , 突撃レポ ,
浪江町役場に聞きました。

落札業者(仮契約):安積医科器械株式会社(アサカイカキカイカブシキガイシャ)
住所:福島県郡山市安積2-91
機種名:「TERRA N(エヌ)」(日本語表示)

安積医科器械(株)は独自のホームページは持っていないようですが、楽天市場には出店しています。各種計器を取り扱っているようです。放射線測定器の販売は楽天市場上ではしていません。

Acare shop

以上がわかった情報です。

[関連過去記事]
浪江町のガイガーカウンター その10 ~TERRA-N誕生の背景に隠された”真相”
浪江町のガイガーカウンター その9 ~浪江町の方へ贈る、ガイガーカウンター「精密博士」のあれこれ
浪江町のガイガーカウンター その8 ~いよいよ全世帯配布開始
浪江町のガイガーカウンター その7 ~遂に可決! 機種も判明…
浪江町のガイガーカウンター その6 ~二度目の落札業者が決定→仮契約で次は議決
浪江町のガイガーカウンター その5 ~仕切り直して条件も新たに再度入札公告
浪江町のガイガーカウンター その4 ~今回の真相、今後のこと/実は日本初/勝手に浪江町に最適な機種を考えてみたw
浪江町のガイガーカウンター その3 ~議会で否決。なぜ入札参加→落札できた?
浪江町のガイガーカウンター その2 ~落札業者と”機種名”を浪江町役場に聞きました
浪江町のガイガーカウンター入札広告(落札済)の不思議 ~いったい誰が何を!?

以下は私の感想です。

「N(エヌ)」というのは新機種??とも思ったのですが、もしかしたら「ТЕРРА-П 」のことを「N」と言ってる? いわゆる”黄テラ”の日本語バージョンということでしょうか。役場の方の説明だけではよくわかりませんでした。

※追記:「浪江(Namie)」の「N」との情報もお寄せ頂きました。コメント欄もご参照下さい。

[参考]
英語表記:TERRA-P
ウクライナ語表記:ТЕРРА-П

※左が「TERRA-P」、右が「TERRA-P+」

仮に「TERRA-P」もしくは「TERRA-P+」だとしたら、線量率の誤差に関して、浪江町による仕様書の「ECOTEST TERRA-P MKS-05 と同等以上」は満たしますが、「下記の仕様」は満たさないと思われます。スペック表上、「TERRA-P」「TERRA-P+」の相対指示誤差は25%(+α)です。浪江町仕様書では「測定精度:±15%以内」が要件とされています(これを満たすのはTERRAシリーズでは黒テラ「TERRA MKS-05」、青歯テラ「TERRA with Bluetooth channel MKS-05」です)。

次に、仕様書においては「測定線種:γ(X)線及びβ線(カバー等を外して測定することも可) 」とあります。”測定”という言葉の定義をどうするかにもよるのですが、定量的に測定することを意味するとするなら(そしてそう解釈すべきだと私は思います。そうなっていないのが現状ですが)、「TERRA-P」では無理で「TERRA-P+」では一応可能です。なぜなら前者は線量率しか表示できませんが、後者はベータ粒子束密度で測定・表示することが可能だからです。

ちなみに「TERRA」などごく一般的な放射線測定器ではβ線をSv(/h)で測定することはできません(もちろん、β線をSvで測定・表示することが可能な機種もごくまれにあります。その多くは個人線量計です)。

誤差はどうでもいいです。些細な問題です。私は後者を危惧します。もし仮に「TERRA-P」だとします。そしてこれがβ線も”測定”できるなんて思われた日には…。いや、すでにそう思われているか…。

TERRAで空間線量率を測定したら0.2μSv/hだった。これは測定です。次にTERRAを地面にかざした。そうしたら0.5μSv/hだった。これは測定(measure / quantitative)ではありません。検出(detect / qualitative)です。

安積医科器械(株)にも問い合わせましたが、電話にまだ出てもらえません。そのうち、浪江町役場のサイト上でも情報の公開がなされるはずです(と言ってました)。新たな情報が出てきましたら、またご報告いたします。

TERRAシリーズ一覧(楽天市場)
TERRAシリーズ一覧(Amazon)
私が興味を抱いているのは、あくまでも「これはなんだろう」という一点ですw その上で、果たしてその機器は町民に配布するのに適した機種なのか、適切に使用するにはどういうことに気をつければいいか、なんてことを考察・検証したいと思ってます。

それにしても、なんか不思議ですね。最初から答えが決まっているかのような入札公告&落札結果です。浪江町であれば「TERRA」自体はいい選択だと思います(ベストかどうかはわかりません)。ただ、なんかこの流れが不思議ですし、そして落札結果が果たして入札公告で求められている要件を満たしているのかどうかが…。いろいろ不思議ですw
関連記事

コメント

非公開コメント

浪江のNらしいです。
販売、利用実績の無いものを調達するんですね。
不思議です。。

Re: タイトルなし

「TERRA-N」という新機種。になるんですかね。なるほど。

いろいろな面で不思議ですよねぇ。

入札前に審査というか、ある程度の選別とかないんでしょうかね。というか、あった上でこうなっているのでしょうか…。もろもろの入札参加資格がある以上、一定の”審査”はあってしかるべきだと思うのですが。

とりあえず決まった以上、具体的にどんなものなのかを見てみるしかなさそうですね。

情報ありがとうございました。

国産品じゃないんだぁ(^_^;)

すっかり「『ガイガーフクシマ』で現地復興手助け」かと思ってましたが違ったんですね(@@;)
三和製作所には『原子力村』を名乗る方(^_^;)から、いろいろと“ご忠告電話”とかが入り続けているとのウワサ話を耳にしますが、実際のところどうなんでしょうね?(@@;)


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+