LH-Ⅲまとめ~なぜこんなに人気なの!?

2011年05月12日
関連ワード:コラム , 集めてみた ,
「LH-Ⅲ」での検索がとても多くなっています。有用な情報もあまり見かけないのでまとめてみました。ソースを示し、客観的なデータをご覧頂けるようにはしていますが、私の個人的な感想も含まれています。また、内容の正確性も保証しません(このサイトすべてに言えることですが!w)。ご了承を。
[ 過去にまとめたLH-Ⅲのスペック(当サイト内) ]
LH3_004.jpg ソース:http://caravan.b2b.chemm.cn/ProductShow_1988173.html
山西伊蒙科技发展有限公司というメーカー(?)が販売している「LH-III型个人剂量报警仪」です。正式なメーカーかどうかは不明です。単なる販売業者かもしれません。ただ、スペックの内容に関しては、想像ですが、これが基準といいますか、これが”正しい”と思われます。
【LH-Ⅲ】
探测器:计数管(经补偿)
显示:4位LCD可显示累积剂量、剂量率、阈值、最大剂量率及发生时刻、时钟等
测量范围:累积剂量当量:Hp(10)0.1 μSv-9999 mSv剂量当量率:Hp(10)0.1 μSv/h-99.99 mSv/h
固有误差:<10%(2 mSv/h左右)
剂量当量率响应:≤±20%(测量范围内)
能量响应:≤±30%; 50 keV- 1.3MeV
测量时间:3600秒―1秒; 自动切换
内存:64K 内存可存贮大约一周的数据,不带通信接口
报警功能:大于设定的累积剂量或剂量率阈值时有声光报警,并有符号显示阻塞报警,当计数管阻塞时,连续报警不停,并有符号显示报警声音强度在30cm处约80dB
欠压指示:电池电压<1.3±0.05V,仪器显示电池欠压符号
电源功耗:AAA型1.5V碱性电池一节(5号电池)环境本底下连续使用720小时
温度特性:≤±10%; -10℃―+50℃
湿度特性:≤±10%; 0―95%RH(+35℃)
外形尺寸:55(宽)×75(长)×20(厚)(mm)
重量:<98克
LH3_003.jpg ソース:http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/...
ヤフオクで見かけたものです。「FJ2000より凄い■0.001μSv/hから測定可能■LH-Ⅲ」「即納本格派放射能測定器0.001μSv/hから測定可能LH-Ⅲ」といったタイトルで売りに出されています。ただ、少し前までは「0.01μSv/h」と説明していました。そもそも0.001μSv/hから測定可能なんてことがありえるのか…。

怪しさ満載なのに、なぜか操作方法だけはとても丁寧に解説していますw マニュアルとして活用するのはいいかもしれませんが、ここから購入するのはオススメしません。
【LH-Ⅲ】
感知センサー:GM計数管
表示:4桁LCD; 累計放射量、放射量率、最大放射量率等表示あり
測定範囲:累計放射量:Hp(10)00.01μSv~9999mSv
放射量率:Hp(10)0.001μSv/h~300mSv/h
誤差:<10%(約2mSv/h)
エネルギー感度:±30% 50 keV- 1.3MeV
内蔵メモリー:64KB 約一周間のデーターを保存できます。
警報内容:放射量率警報値設定範囲:00.01~99.99 (mSv/h)
累計放射量警報値設定範囲:0.001 mSv~99.99 mSv
電源不足表示:電池電圧<1.3±0.05V、警報します
電源消耗:1.5V 単3電池1本、800時間継続使用可;(3.6V充電電池使用可)
使用温度範囲:?±10% -10℃+50℃
使用湿度範囲:?±10% 95%RH(+35℃)
サイズ:75×52×20mm
質量:<75 グラム
字が黄色(オレンジ)のバージョンです。中国メーカー(?)が言っているスペックと変わりませんから、性能のよしあしはさて置き、内容は信用できそうです。説明も丁寧ですしね。
【LH-Ⅲ】
感知センサー:GM計数管 x線・γ線
モニター:4桁LCD 累計放射量、放射量率、警報値、最大放射量率及び発生時間等表示
測定範囲:累計放射量:Hp(10)0.0 μSv-9999 mSv
放射量率:Hp(10)0.1 μSv/h-99.99 mSv/h
測定時間:≤±30% 50 keV- 1.3MeV
分量当量率反応:≤±20%(1μSv/h-99.99mSv/h)
エネルギー反応:≤±30% 50KeV―1.3MeV
誤差:<±20%(137Cs)
アラーム:周りの放射量または放射量率は設置警報値を超えると、音・発光で警報します
探知センサーが不具合になった場合も警報します
アラーム警報音の大きさ:30cmで約80dB。
電源消耗:3.6V(単3)電池1本 あるいは1.5V(単3)電池1本。
動作環境 温度:≤±10% -10℃―+50℃
湿度:≤±10% 0―95%RH(+35℃)
サイズ:サイズ:75×52×20mm(背面クリップを含まず) 
質量:60グラム(電池含まず)
測定時間:300秒―1秒 自動切替
内蔵メモリー:64K ほぼ一週間のデーターの記録が可能
サイズ:75mm x 52mm x 20mm
セット内容:計測器本体、日本語説明書
見た目も性能もほとんど同じなのですが、機種名が異なる商品です。性能がどうあれ、実態が何であれ、説明も雑ですし、私ならこれは買いませんね。
【FJ-403】
測定可能蓄積線量:0.01μSv~999.9mSv
時間当測定線量範囲:0.1μSv/h~99.99mSv/h
測定誤差:<±15%(137Cs源、662KeV放射線量、1mSv/h)
アラーム発生範囲:<±30%(50KeV~1.3MeV)
アラーム時間:5秒
電池:単3アルカリ電池1本
連続運転時間:720時間
温度:10℃~50℃
湿度:90%(40℃)
サイズ:75mm×52mm×21mm
重量:90g
見た目も性能もほとんど一緒ですから、実質、同じものだと考えてよさそうです。日本のシステムトークスという会社が販売している「GC-S1」です。表示もマニュアルももちろん日本語。
【GC-S1】
検知対象:ガンマ線、X線
検出器:GM計数管
表示:4桁LCD、累積量、放射線量、時間、最大放射線量発生時刻及びその数量など
累積量:0.0 μSv-9999 mSv
放射線当量率:0.1 μSv/h-99.99 mSv/h
固有誤差:<10%
放射線量当量率反応:±20%(測量範囲内)
エネルギー応答:≦±20% 50 keV- 1.3MeV
測量時間:≦±3600秒-1秒 自動切り替え
メモリ:≦±64K 1週間分データ保存可能
低電圧表示:≦±電池電圧<1.3±0.05V,電池電圧低下マークで表示
電池消耗:≦±単3電池1本 環境バックグラントで連続使用720時間
温度:≦±≦±10% -10℃-+50℃
湿度:≦±≦±10% -10℃-+50℃
外形寸法:≦±約 55(幅)×75(長)×20(厚)(mm)
重量:約57g / 80g(電池込)
保障について:安心の1年保障!
このように、特に難しいことをするわけでもなく、ちょっと調べれば誰でもこのような情報を掴めます。わざわざLH-Ⅲを選ぼうとするのは…(^^; 検証のため購入しようとしているのですかね。あるいはいかなる時も人生にスリルを求めてらっしゃるのか。

※「DOS-100」という製品もあります。これも同じ見た目で同じようなスペックです。詳細は[ 過去にまとめたLH-Ⅲのスペック(当サイト内) ]をどうぞ。
※2011.05.14追記:「JB3200」も同シリーズかもしれません。スペック、サイズ、外観が似ています
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)