2012/03/02

「RAD * SCANNER - 500VBR」というおかしなガイガーカウンターが登場しました。すごいですね

こんなものがAmazonに出品されていました。「RAD * SCANNER - 500VBR」だそうです。

メーカーはアメリカのPROGRESSIVE SYSTEMS COMPANY。公式サイトはこちらだと思われます。

[ソース]http://www.antirad.com/

まるで1990年代に作られたかのようなホームページw geocitiesかと思っちゃいましたよ。まだあるんですね。こういうの。そしてこの画像。なんですかねこれw

販売元はユニバーサル・ビジネス・テクノロジー(株)という日本企業です。日本の事情がまったくわからないアメリカ企業であればいざ知らず、日本の企業がこれで売ろうってんですから…。すごいですね。

機器に関しては、ガイガーカウンターです。直径0.5インチ=12.7mmの端窓式GM管で(おそらく)、1095cpm/mR/hですから109.5cpm/μSv/h(Co60)ですかね。この計算、ほんと苦手ですw

GM管の具体的な製品名は? Cs137校正してくれないの? α、β測れるのに単位はRだけ? アラーム閾値どうなってるの? 測定時間は?

パッと見ただけなのに、ここまで消費者に疑問を抱かせるような製品・商品はいかがなものかと。

とりあえずスペックをそのまま転載しておきます。

Radiation detected: Gamma photons. Alpha and beta particles.
Alarming range: 0 - 999 mR/hr.
Linear range: 0-75mR/hr.
Geiger tube with 0.50" dia. mica end window. 2.0-3.0 mg / sq. cm density.
Cobalt-60 response: 1095 cpm per mR/hr.
Maximum shielded background count < 10 cpm.
Dead time < 100 microseconds.
Operating temperature range: -20 to 55 degrees C.
Maximum altitude: 10,000 ft.
Typical battery life over 1500 hrs.( 2 months )
Dimensions are 61 mm x 105 mm x 22 mm (2.4" x 0.85" x 4.15")
Unit Weight: 125 grams (5 oz.) with Battery.
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+