詳細不明の放射線測定器の正体をつきとめてみる

2011年05月11日
関連ワード:コラム , はかるくん ,
放射線測定器

放射線測定器
価格:141,750円(税込、送料込)

すごい放射線測定器を出してきたものです。

「これなーんだ」

当サイトへの挑戦状ですね。勝手にそう受け取りました!w

製品名すらなく、こんな画像ですから、正体をつかむのにちょいとだけ苦労しました。

一瞬、BS2010の白バージョン「AK2011」(日本語表示)かと思ったのですが、違いました。だけど、このスペックどこかで見たことがあります。そして、売っているショップ名が「学校教材ネットショップ」。

学校? 学校で放射線測定器といえば例のアホな放射線授業(とは名ばかりの原発礼賛洗脳授業)。ということは「はかるくん」。

hakarukun001.jpg hakarukun002.jpg

これですね。きっと。スペックを見てもそんな感じです。
※「はかるくん」にもいろいろなタイプがあるようで

ただ、確か記憶では「はかるくん」は教育用に供されているので、一般市場での売買が禁止されていたような…(不確かです)。ヤフオクあたりで出品されているのであればわかりますが、れっきとしたショップが売っちゃっていいんでしょうかねぇ。あー、だから商品名を伏せているのでしょうかね。よくわかりませんので、これを買いたいという猛者は、とりあえずショップにお問い合わせを。

そんなわけで、「はかるくん」かどうかは定かではありませんが、「はかるくん」は基本的に一般市場に出回りませんから、当サイトでもカタログとしてはまとめません。詳しくは以下のようなサイトをご覧下さい。

「はかるくんweb」
http://hakarukun.go.jp/html/line_up.htm

【参考サイト~はかるくんとかラディ(Radi)とか堀場製作所とか】
http://www.atomin.go.jp/support/h_22/p04_hakarukun/results.html
http://minerals.no-ip.com/Geiger/scintillation/horiba/index.htm
http://www.kasetsu.net/radioatom.htm

[ 関連キーワード ]CP-100 / DX-200 / DX-300 / はかるくん メモリー / はかるくん Ⅱ
それにしても、これ買う人いるんでしょうか…。というか、これを誰かが買ってくれると思っちゃう神経も…

関係ないですが、堀場製作所の社訓(?)は「おもしろおかしく」。だから「はかるくん」「ベータちゃん」「ガンマくん」といったネーミングが好きなのでしょうか。あるいは文科省の役人あたりがつけてる??
それでも「はかるくんがほしい!」という方は、代わりにこちらでもぞうぞ→「PA-1000 Radi(ラディ)/堀場製作所」(楽天市場)。大ざっぱに言うと、「はかるくん」の普及版です。13万円と少々値が張りますが、「はかるくん」もそれくらいの値段です[ ソース:放射線Web_実践事例 ]
※2011.05.14追記:「Mr.Gamma A2700」という製品かもしれません。いずれにせよ「はかるくん」系ではあります。メーカーが堀場製作所かどうかは別として。
ソース:http://shinsai2011.doorblog.jp/archives/65852777.html →書き込み157

2011.08.19追記
・「はかるくん」は長年、堀場製作所が作ってきたと思われる
・現在、堀場製作所が国・行政とどう関わっているかは不明
・原発事故後に文科省から貸し出された「はかるくん」はクリアパルスの「A2700 Mr.Gamma」

つまり、同じ「はかるくん」でも時期によって機種が異なっていたり、メーカーが異なっているということです。文科省側からすると、どこのどれだろうが学校用は「はかるくん」で統一している、と。

「ちょっとわかりづらい」というメッセージを頂きましたので、まとめてみました。なお、こちらの記事もご参照下さい。

「がんまくん」を集めてみたら、堀場製作所=「はかるくん」の歴史も見えてきた
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)