微妙に変わった「RADEX RD1706」公式サイト。だけど実はすごく奥が深い変更なんです

2012年02月26日
関連ワード:コラム , Quarta-Rad , RADEX ,
「RADEX RD1706」の公式サイトの説明(英語版)が微妙に変わりましたね。説明がより丁寧になっています。

[ソース]QUARTA-RAD:RADEX RD1706
http://www.quarta-rad.ru/en/products.php?id=7&PHPSESSID=ddd38d79951f94f1b540913c8cfe82f5

現在の説明はこのリンク先でご確認頂くとして、以前はこんな感じでした。

There are two SBM20-1 type Gejgera-Muller counters of hard beta and gamma radiations in RADEX RD1706, which technical characteristics can be observed here.

It allows to reduce the time of observation from 40 till 26 seconds and to improve precision of indications.

The range of indications is essentially expanded (100 times in comparison with RADEX RD1503); RD1706 can register the value of a doze rate till 999,0 μSv/h, thus time of observation smoothly reduced from 26 to 1 second what is necessary for the stuff operating with ionizing radiation sources.

大まかな内容は同じなのですが、言い方がより細かくなっています(英語としても正確になってますw)。そして、一番注目したいのは、現在のこちらの表現です。

The use of two separate sensors allowed us to reduce time of observation from 40 seconds to 26 seconds while improving precision of indications.

なんて奥が深い!w

問題は「separate」ですね。「two sensors」と言えばいいものをあえてわざわざ「separate」という単語を使っています。100%そうだとは言い切れませんが、これは2本のGM管が”個別駆動”だということを示唆しているのかもしれません。

「Pripyat PKC-20.03」「JUPITER SIM-05」など、GM管を複数本(個)搭載している機種はさまざまありますが、2本のGM管がどのようにつながっているかが異なります。「Pripyat PKC-20.03」は単純並列です。「JUPITER SIM-05」は個別駆動です。

この件に関してはこちらの記事をどうぞ。記事というよりも記事中のリンク先やコメント欄が参考になるかと(^^;

[関連過去記事]
GM管が2本だと何がいいの?(ギブアップw)

さて、そんな「RADEX RD1706」ですが、Quarta-Rad(QR社)の正規代理店でもあるKantan Lifeが最安値をつけています。ただ、商品自体は3タイプ(?)あるようで。


値段が違うだけかと思いきやさにあらず。

左は普通の英語版。真ん中が曖昧なんですが、「日本語操作画面」とありますが画像は英語版のようです。右は「日本語操作画面」と説明にあり、商品画像も日本語画面です。左右はいいとして、真ん中のがよくわかりませんね。どちらなんでしょうか。お買い求めの際はご注意を。

RADEXシリーズ一覧(楽天市場)
RADEXシリーズ一覧(Amazon)

それにしても、「RADEX RD1706」は15,000円ですよねぇ。「SOEKS 01M」が相対的に高く見えてしまいます。「SOEKS 01M」も「RADEX RD1503」並みになってくれたらなぁ。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)