3大メーカーの日本窓口と日本への言及

2011年05月11日
関連ワード:コラム , RAESystems , ECOTEST , Polimaster ,
”3大”というのは筆者が勝手に命名しました。いずれも人気機種を開発・製造しているメーカーです。

各社のサイトでは今回の日本の地震被害、あるいは福島原発事故に関しての言及もなされています。各社の日本窓口や主な製品とともに、その言及を少し紹介してみます。”マーケット”という観点から、ガイガーカウンターの現状が多少なりともうかがい知ることができると思われます。

なお、【日本への言及】は公式サイトの英語文を筆者が素人翻訳したものです。意訳・誤訳ももしかしたら含まれているかもしれません。正確なことはリンク先の原文でご確認下さい。
■Polimaster(ポリマスター)
本社:アメリカ
公式:http://polimaster.com/
日本窓口:http://www.mus.co.jp/ (正規代理店/丸紅ユティリティ・サービス)
主な機種:PM1203M / PM1208 / PM1208M / PM1603A/B / PM1610 / PM1621 / PM1703M
説明:腕時計型のガイガーカウンターでお馴染みのメーカーです。最近になって日本でも見るようになったPM1610は、私が知る限りはデジタル表示機能を有しているガイガーカウンター中、最小サイズです。しかも測定範囲が広く、PCとの接続も可能と、高性能を誇ります。

【日本への言及】「日本救援隊が手にしているPolimasterの測定器」
福島原発のニュースを耳にしてから、ポリマスター社は日本の救援および緊急援助活動を支えてきました。先週、事故処理をしている救援隊の安全確保ため、個人用測定器を緊急委託配送しました。日本及び近隣諸国への製品供給を増加してほしいとの要望が劇的に増加したため、ポリマスター社では製造規模を拡大すべくあらゆる努力をおこなっています。

ポリマスター社の機器は核産業、原子力発電所の安全性と放射線モニタリングに利用され、日本の消費者によく知られています。チェルノブイリのような重大な事故をなくすべく、放射線機器の開発・製造を行ってきた長年の経験がポリマスター社にはあります。ポリマスター社製機器は過酷な作業環境での使用を想定し開発・製造されています。数あるアナログ機器とは対照的に、安全な時でも、緊急事態においても役立ってくれることでしょう。

Polimaster社ガイガーカウンター商品一覧
■RAE SYSTEMS(レイシステムズ)
本社:アメリカ
公式:http://www.raesystems.com/
日本窓口:http://www.raesystems.jp/ (レイシステムズ日本法人)
主な機種:DoseRAE / DoseRAE2 PRM-1200 / GammaRAE Ⅱ R / NeutronRAE II
説明:コンパクトかつ高性能な放射線測定器「DoseRAE2 PRM-1200」は、多くの検証サイトでその品質が認められてるようです。実際、当サイトに訪れる方の検索キーワードでも、同社製品名がとても多いです。
【日本への言及】「検出器で日本をサポート」
日本のM9.0地震と津波により被災した県に、緊急援助物資がいまだ届けられている中、日本の方々、地域・国際緊急援助要員は今なお、復旧作業に追われ混乱しています。作業が困難を極めているのは、まさに放射線のためです。

レイシステムズは、上昇する放射線レベル、あるいは津波により流出したかもしれない化学物質や石油といった有毒で引火性のあるガス・蒸気にさらされる危険をおった日本の方々を援助していきます。

レイシステムズは、放射線検出・測定器、引火性・有毒ガス検出器、ワイヤレスモニターなど、人や土地の安全確保のため設計された、高性能で特殊なものから汎用性のあるものまで、さまざまな機器を提供していくつもりです。

レイシステムズの製品はまた、企業で働く方々や救助組織、政府関係者の目の前に差し迫った健康被害を軽減してくれるはずです。

RAE SYSTEMS社製ガイガーカウンター商品一覧
■ECOTEST(エコテスト)
本社:ウクライナ
公式:http://www.ecotest.ua/index.php?&lang=en
日本窓口:-
主な機種:TERRA MKS-05(TEPPA MKC-05) / TERRA-P MKS-05(TEPPA-n MKC-05)
説明:ガイガーカウンターが注目され出した当初から人気のあったTERRAシリーズを開発・製造しているメーカーです。廉価な汎用性のあるモデルから、BluetoothでPCと接続できる高性能機種まで取りそろえ、幅広い層に支持されています。
【日本への言及】「無名メーカーの放射線測定器を信用できますか?」
福島原発事故により、日本人のみならず世界中の人々の間で、放射線測定器の需要が高まりました。有名な測定器メーカーの在庫は事故発生後一週間でなくなりました。そしてこの間、世界中の市場に、需要の高騰からひと稼ぎしようと機会をうかがう、無名メーカーが出現し始めました。しかしながら、適切にテストされず、注文を調整できずに作られた機器は、本当の放射線状況について誤った情報源を産み出し、こうしたことに慣れ親しんでいない人たちにパニックを引き起こしかねません。しかも、こうした機器により得られた結果について、チェックすることも否定されることもないのです。(以下略)

ECOTEST社製ガイガーカウンター商品一覧
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)